いい旅チャレンジ50000km

関西を中心とする風景・鉄道写真がメインですが、健康・地域活性化・人生論・節約術・ファッションその他社会問題なども適宜エントリーしています。


兵庫県丹波篠山市(旧・西紀町)栗柄(くりから)にて。

舞鶴若狭道・丹南篠山口ICあるいはR176から、兵庫/京都r97【篠山三和線】を北東へ5kmほどの地点ですが、ここは地理的に興味深いポイント。それは「谷中分水界」という珍しい地形にあります。

谷中分水界とは、同一の谷間集落内に水系の異なる河川が共存する地形、と言えばわかりやすいでしょうか? すなわち、瀬戸内海(太平洋側)に注ぐ加古川水系・宮田川と、日本海側に注ぐ由良川水系・杉ヶ谷川が、共に狭い栗柄集落を流れており(両河川の間隔は約百数十米!)、不明瞭な中央分水界を形成しているわけです。

谷中分水界では河川争奪という地理的現象が起きやすいと言われます。河川争奪とは、隣接する2つの河川について、一方の河川の谷頭が浸食等により上流へ伸びて、別の水系に達し、そこから上流の流域を全て奪う、という現象です。

栗柄集落の2つの川は、約2万年前、河川争奪によって形成されたと言われています。

宮田川の流路はr97に並行して南西方向へ流れ、R176交点(丹南橋)付近で篠山川に合流。JR福知山線(進行方向は福知山行きに!)に沿って景勝・川代渓谷を刻み、西脇市黒田庄町付近で加古川に合流し、瀬戸内海(播磨灘)へ南下します。

一方、杉ヶ谷川は、栗柄ダムから南へ下り、宮田川に合流するのがごく自然な形と思われますが、流路方向を突如西へ転じ、r97と分岐するr69【春日栗柄線】に並行、丹波市(旧・春日町ほか)で竹田川、そして京都府福知山市で由良川に合流ののち、丹後由良にて若狭湾へ注ぎます。杉ヶ谷上流は、もともと宮田川(加古川水系)の流域に属していたものと考えられますね。

P9100023
 
隣の丹波市に「水分れ」という地名があり、日本で一番標高の低い中央分水界として知られる地点です。


淀川自転車道(左岸)より、望遠で万博記念公園(エキスポシティ)方面を向いて撮影してみました。たぶん淀川新橋(寝屋川市点野)あたりだったでしょうか・・・

虹色の円環が輝かしいですね(^-^)

P6030052

 


P3280023

P3280029

京都市左京区花背&広河原にて。 
川の水がとても綺麗ですね(^-^)
この辺りは、冬は雪が多く、桜の開花も都心より遅いようです。


DSCN3781

DSCN3778

DSCN3784

十津川村の桜の写真をアップしてみました。
今年は遠出の花見は控えたほうがよさそうですね。


DSCN5308

DSCN5323

今年はレジャーシートを敷いての(飲食を伴う)宴会花見は自粛ですね。
桜と絡めた撮り鉄をするのはよいでしょう。

DSCN5321



DSCN1972

DSCN3784

新型コロナ肺炎の世界的感染拡大(パンデミック)に伴い、世間は外出・旅行自粛ムード、花見も自粛・・・。

今夜、東京都内での感染者数全国最大となったことから、小池東京都知事が「今週末は不要不急の外出自粛を」と緊急会見で要請したばかりですね。

では、今年の花見は諦めなければならないのでしょうか?

自宅で花見を楽しめるようにと、桜の盆栽が人気を集めていたり、Youtubeや動画で花見を楽しむ、という方法などが紹介されています。しかし、これでは花見気分になれない、やはりリアルでお花見を楽しめないのは不満だ、という人も少なくないかと思います。

レジャーシートを敷いて長時間・多人数が密集して飲食・宴会をするのは避けるべきでしょう。実際、桜祭りは軒並み中止が決まり、公園や公共スペースでの宴会や飲食などは控えるように要請されているはずです。お花見に出かける姿を批判する人もいますが、自粛疲れで世間が暗い雰囲気の時に、お花見を楽しむ光景は人々に安心感を与えますね。

知らない人とは少し距離を保ちつつ、一人だけ、あるいは家族や少人数で楽しむ、お散歩気分で桜を楽しむぐらいのことなら、あまり咎められることはないでしょう。屋台も閉まっているはずなので、百貨店で弁当を買うなり、駅弁を肴にしながら、桜を楽しむのも良いですね。ゴミは各自持ち帰りましょう。マスクや消毒液はなるべく携帯するほうが良いでしょう。

あと、発熱など体調が悪いと思えば、不要不急の外出は、当然のことながら控えるべきでしょう。


(参考記事)
「日本でも欧米のような大流行が起きるの?」「大規模イベントどうする?」
専門家会議と共有したかった危機感とは(岩永直子)

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-okabe-3?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter

新型コロナもう飽きた、でも感染は心配・・・今何をすればいいの?
(坂本史衣)

https://news.yahoo.co.jp/byline/sakamotofumie/20200324-00169519/



P6030055

P6030058

淀川新橋を渡る京阪バス寝屋川茨木線【12】号経路です。
幕エアロスターでした(廃車済)。


JR西九条駅前、環状線高架下の様子です。

阪神なんば線開通前であり、確か尼崎から阪神西大阪線(当時)で西九条へ抜け、ここから環状線に乗車したものと思います。その後、どこまで行ったのか・・・。

西九条駅前の雑然とした雰囲気、なかなか好きです。

DSCF0045

DSCF0046



平面駅時代の阪急洛西口駅ホームです。

洛西口駅は2003年開業の新しい駅で、当時の駅前周辺はのどかな田園風景だったようです。

その後、駅東側にJR桂川駅が開業し、さらにイオンモール京都桂川もオープンするなど、賑やかになりましたね。

洛西口駅は向日市と京都市西京区との境界を跨いでおり、また南区との境界ギリギリの位置にあります(JR桂川駅は南区)。

洛西口駅およびJR桂川駅より、洛西ニュータウン方面へのバスが発着しています。

P4080045
大阪行きホームに停車中の5300系急行
近い将来の立体化を見越し、いかにも仮設ホームという感じだ

P4080046
駅西側の風景 向日ヶ丘・西山・洛西ニュータウンを遠望



「ネットは社会を分断している」というイメージは、かなり強いように思われます。

確かにSNS(Twitter、Facebookほか)の世界を徘徊する限り、多くの罵詈雑言が飛び交い、生産的な議論をすることが難しいように見えます。今般のコロナ災禍の中、政府や政権与党の対応を批判する側、野党支持者や左派・リベラルを称する人たちのTWなどを見ていると、現実的かつ建設的な感染症対策や景気対策よりも、感情的な反対論や終末論、あるいは財源を示さず無責任な「消費税ゼロ」だの、根拠のないポピュリズム路線をやたら煽り立てられ、嫌気すら覚えます。

しかし、『ネットは社会を分断しない』(田中、浜屋)には、10万人規模の実証調査の結果、世間の印象とは全く異なる結果がレポート。過激化しているのは、ネットを使わないはずの高齢者であり、ネット上の投稿の約半数はわずか0.23%の人が書き込んでいる、との結果が報告されています。ネットの世論と真の世論は一致するのでしょうか? 





 


2020年(令和2年)3月現在、JR奈良線では103系が健在です。
玉水にて撮影しました。

DSCN7718

DSCN7719



大津市瀬田の萱野神社。

JR東海道本線瀬田駅の北口に鎮座しています。

御祭神は開化天皇。

彦坐王命の第四世に当たる治田連が、淡海(近江)の国造としてこの地に居住し、栗太一円の墾田開拓事業に当たり、土地の開発と人民の生息の基を開き、雄略天皇六年治田一族の遠い先祖となる開化天皇の神霊を祀ったのが、萱野神社の創始とされます。

かつて、萱野神社は広大な境内敷地と森林を有していたそうだが、明治期の国鉄東海道本線の敷設により境内地は二分。さらに1969年の複々線化工事と瀬田駅の新設に伴い、境内地はいっそうの縮小を強いられ、森林は瀬田駅前広場(南口)となり、昔日の面影が失われ、今日の姿となりました。

瀬田駅は龍谷大学瀬田キャンパスおよび滋賀医大の最寄り駅であるため、隣の南草津駅(立命館大学びわこ・くさつキャンパス)とともに、学生たちで賑わいます。なお、瀬田駅には新快速は停車しないので注意(昔、草津線直通の客車列車は瀬田駅通過だったが、国鉄時代末期には停車するようになる)。

P4130017

P4130023

P4130021



琴電片原町界隈にて(2006年)。

片原町は高松市街地で賑やかなスポット。商店街アーケードが縦横に連なり、高松市内唯一の百貨店・三越も立地します。高松築港駅から一つ目、高松城跡の南に位置します。

訪問当日、JR高徳線の志度駅で琴電志度線に乗り換え、旧型電車の旅を楽しみ、瓦町で琴平線に乗り換えて片原町まで1区間を乗車する行程でした。商店街をぶらり歩き、讃岐うどんを味わったが、現地の様子について、詳しいことは覚えていません。

P3240030

P3240029

P3240031

 


2006年当時の近鉄伊賀神戸駅。

伊賀神戸駅は、「いがかんべ」と読み、三重県伊賀市の伊賀盆地南端に位置。大阪線と伊賀線が接続する拠点駅だが、駅舎はこじんまりとしたローカルムード。駅前にバスもほとんど乗り入れておらず、タクシーが待機するのみでした。駅構内の踏切も昭和な光景で印象的でした。

伊賀線が伊賀鉄道に転換される1年前のこと、860系(元820系)が活躍中でした。下の写真の編成は忍者トレイン(861F)。880系は2009年より200系(元・東急1000系)に置き換えられました。

近鉄伊賀線には何度か乗車したことがあります。初めて乗ったときは、5000形吊り掛け車の時代でした(上野市-伊賀神戸間を往復乗車)。伊賀上野までドライブに連れて行ってもらったときのことでしたな。京都府の木津から国道163号線を東へ走らせ、「三重県」(旧・島ヶ原村)のカントリーサインをお目にかかったときはびっくりでした。京都府と三重県が隣接していることを知ったのも、これが初めて。伊賀盆地は木津川(淀川)水系に属しています。近鉄大阪線の榛原~西青山間あたりも同じ淀川水系(宇陀川、名張川、木津川)。名張市の赤目四十八滝から湧き出る水も、木津川・淀川を経て大阪湾に注ぎ込みます。

P8270010

P8270008

P8270013


北陸新幹線開業前の金沢駅での顔ぶれです。

国鉄型475系や415系800番台などがまだまだ健在でした。

P3150157
大目玉の475系も現役でした
白い旧北陸色も単色化で消えました

P3150156
475系6両編成の普通列車です

P3150161
サハ455です

P3150162
七尾線用415系800番台
今年521系に置き換えられる予定です


↑このページのトップヘ