いい旅チャレンジ50000km

関西を中心とする風景・鉄道写真がメインですが、健康・地域活性化・人生論・節約術・ファッションその他社会問題なども適宜エントリーしています。

大阪府豊能郡能勢町東端の杉原集落。京都・大阪府道732号<亀岡能勢線>が通り、京都府亀岡市(犬甘野)との境界に近く、桂川水系(犬飼川)に属しています。能勢町の中心部(能勢町役場)へは、r732を西へ進みますが、2つの峠(堀越峠、逢坂峠)を越えなければなりません。…
>>続きを読む

今年9月末で閉店および建て替えが決まったイオン京橋店(旧・ダイエー京橋店)。大阪市東側のターミナル・京橋のランドマーク的存在と言えるダイエー京橋店は、1971年開業。敷地内は、かつて鉄道車両メーカー・田中車輌(→近畿車輛)の事業所があったところです。ダイエー京
>>続きを読む

あえて不快感を催しそうな広告の写真をアップしてみました。参院選の結果は、投票率5割を切る中、自民が議席を減らし改憲勢力2/3割れ、「れいわ」を含め野党共闘勢力が陣地拡大ということになりました。もっとも、立憲民主党・共産党の伸びが期待したほどでなく、特に大阪・
>>続きを読む

JR学研都市線(片町線)・大住(おおすみ)駅。所在地は京都府京田辺市。松井山手から木津方へ一つ目、ちょうど京奈和自動車道とアンダークロスする地点にあります。学研都市線は松井山手駅から先、木津方は単線区間でローカル線のムードが漂い、このあたりを207・321系の7
>>続きを読む

東広島市の西条界隈。西条は東広島市の中心。西条市と間違いやすいですが、「西条市」は四国・愛媛県の伊予西条です。JR山陽本線西条駅の東側には、多くの酒蔵が密集しており、レトロな佇まいです。西条を代表する銘酒といえば、賀茂鶴・白牡丹・亀齢・福美人などですね。
>>続きを読む

スマホなどを使用しながら車を運転する「ながら運転」が厳罰化されることになりました。警察庁は7月18日、反則金を3倍程度に引き上げる改正道路交通法施行令案を発表。違反点数も3倍になります。12月1日施行予定です。 私が身近に経験した例として、信号が青になってもなか
>>続きを読む

去年夏のJR王寺駅構内の写真です。貴重となりつつある国鉄型車両(105・117・201系)のたまり場でした。本年春より和歌山・桜井線に227系1000番台が投入されたため、もう117系を拝むことはできません。105系も今年秋までに置き換えられる予定です。まだ実際に227系に乗った
>>続きを読む

昨日(7月18日)の京都アニメ会社放火事件でスタッフ33人以上が死亡、衝撃的でした。日本の誇りある文化そのものへの攻撃で、テロそのもの。断じて許せません。亡くなられた方々にお悔やみを申し上げます。また負傷された方々にお見舞い申し上げ、ご回復をお祈りします。さて
>>続きを読む

大阪・中之島に建つ大阪市中央公会堂。近代西洋風の壮麗な雰囲気が印象的ですね。大阪市中央公会堂は、一大阪市民、岩本栄之助氏の寄付をもとに1913年(大正2年)に着工、1918年に竣工しました。中央公会堂は、オペラ・コンサートのほか、著名人の講演会も盛んに開催されるな
>>続きを読む

7月後半に入っても梅雨空が続いています。東京都心では7月に入って25度以上の日が一度もない「梅雨寒」で、26年(1993年大冷夏)ぶりとのこと。私が少年だった頃の、冷夏傾向だった1980年代前半について、思いつくままに瑣末を書き綴ってみました。1980年(昭和55年)の大冷
>>続きを読む

世界2位の経済大国に躍進を果たした中国。平成に入って30年近く景気低迷の続く日本ですが、それでも日本の経済は年々強化される日中貿易の恩恵で支えられています。日本の輸出先トップは、20年ほど前まではアメリカだったのが、2010年前後より中国となっています。輸入先も2
>>続きを読む

和歌山県の周参見湾に浮かぶ小さな無人島(周囲1kmほど)、稲積(いなづみ)島。古くから地元住民に神様の島として信仰の対象とされ、島の前に鳥居が立っています。稲積島という名称は、神武東征の折、稲の献上を命じられた住民が稲束をこの島に積んで献上したという伝説に由
>>続きを読む

JR長尾駅ホームより、東側ののどかな田園風景を撮ってみました。梅雨空の続く2003年7月のある日、木津・加茂へ向かう途中でした。大体7月になれば稲も逞しく育つ頃なのに、日照不足ゆえに生育が悪いですね。今年の梅雨明けは遅れそうなので、冷夏だった2003年のことをふと
>>続きを読む

大雨の下関駅に停車中の105系旧・広島色です。「青春18きっぷ」で九州へ向かう道中でした。なぜか広島まで新幹線に乗り、ここから先、ひたすら「青春18きっぷ」の旅でした。かなり時間かかりました。この年の夏は梅雨の長引く天候不順。九州旅行中も雨の多いぐずついた天
>>続きを読む