いい旅チャレンジ50000km

関西を中心とする風景・鉄道写真がメインですが、健康・地域活性化・人生論・節約術・ファッションその他社会問題なども適宜エントリーしています。

カテゴリ:日常生活・節約術・健康など > 健康法・医学

記録的暖冬で迎えた2020年(令和2年)。この冬は全国的に深刻な雪不足に見舞われ、北海道ですら積雪ゼロのところも出現するぐらい、桁外れの暖冬傾向です。暖冬のときには、南海上を前線や低気圧が頻繁に通過するため、関東以西の太平洋側では雨や雪が降りやすく、特に首都…
>>続きを読む

「一流患者」「三流患者」という言葉があります。医師にも一流・二流・三流と評価され患者から選ばれる存在であるのと同様、患者もまた医師から選ばれているということです。それはどういうことかといえば、「客は神様」と言わんばかりのわがままで自分勝手な患者、クレーム…
>>続きを読む

忘年会・新年会のシーズンを迎え、飲酒する機会も多いことと思います。私・管理人はアルコールには弱く、あまり飲めるほうではありません。それでもたまにビールや酒を飲むと美味しくて幸福感を味わえるもの。さっそくですが、アルコールに弱い人向けに、一気飲みの断り方を…
>>続きを読む

先日、皆勤賞に関する記事http://challenge50000.blog.jp/archives/30983704.htmlを投稿したばかりだが、微熱や軽い風邪などで学校を休むべきかどうか、判断に迷うこともあろうかと思います。「この程度の風邪ぐらいで」と親がなかなか休ませてくれない、学校側から「微熱ぐ…
>>続きを読む

抗不安薬・睡眠導入剤の一つ、「デパス」。デパスは1984年に発表されました。デパスをはじめとするエチゾラムは、ベンソジアゼビン系と呼ばれる薬です。神経細胞の活動を抑制する働きがあり、病院で手軽に処方される「定番」の薬剤となっています。副作用として、筋弛緩作用…
>>続きを読む

政府の全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同等の効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で、来年以降、随時進めていきたい考えとのことです。保険除外の対象として想定しているのは、風邪薬・花粉症治療薬・…
>>続きを読む

快眠についての本は、世に多く出ているが、一つ読みやすと思う本を紹介してみたいと思います。安眠ドクター・大谷憲先生の著書で、「薬を売らない薬剤師」と称しておられます。ということで、「薬を使わずにぐっすり眠る」方法です。快眠・良い目覚めのための6つのルールと…
>>続きを読む

ダイエットにウォーキングがよく奨められます。私自身の経験でも、ウォーキングは効果があると実証できました。昨年秋、市の健診を受けたとき、ややメタボ気味で、保健指導対象者に選定されました。 半年間、市の保健センターへ3回面談に赴き、生活指導(運動と食生活)を受…
>>続きを読む

台風19号が発生しました。この台風は3連休を控える今週末、猛烈な勢力に発達して日本に接近することが予想されています。よりによって、せっかくの3連休に台風が来るとは、・・・。週末に台風が多いのは気のせいでしょうか?2年前、解散総選挙、「希望の党」騒動のあった10…
>>続きを読む

2020年東京五輪の水泳会場となる、お台場海浜公園で水泳競技のテスト大会が開催されました。参加選手からは、高水温や異臭に対する不満の声が相次いだといいます。それも「水温も気温も高く、日差しも強く、熱中症の不安が拭えない」、「トイレの臭いがする」と報告されるほ…
>>続きを読む

少しお恥ずかしい話ですが、健康関係の著書を1冊紹介したいと思います。それは、『本当はこわい排尿障害』(高橋 知宏著)。中高年の約半数(青年も)は何らかの排尿障害を抱えている、と著者・高橋知宏先生は指摘。その症状は、尿漏れや頻尿、慢性膀胱炎や慢性前立腺炎、…
>>続きを読む

子どもの「口腔崩壊」が問題になっています。「口腔崩壊」とは「未処置の虫歯が10本以上ある、もしくは10本には満たないが虫歯が原因で上下左右でかめない状態にある」状態のこと。このまま放置すると、将来の健康に重大な影響が出てくることが心配されます。石川県内の約4割…
>>続きを読む

「皆勤賞」は自慢すべきことなのか、意味があるのか、ということで意見が分かれると思います。小中高の12年間通して完全無欠席・早退遅刻無しの皆勤賞は、さすがに難易度が高くてなかなか取れるものではないでしょう。私・管理人ももちろん12年間通しの皆勤賞は果たせません…
>>続きを読む

毎日丁寧に歯を磨いているつもりなのに、歯垢が残っている・落ちにくい、歯石が付く、虫歯になりやすい・・・。このような悩みを持っている人は多いと思います。 私・管理人も、歯がざらついてどうも落ち着かない、歯を磨いた後にフロス(糸ようじ)をかけると歯垢が残ってい…
>>続きを読む

先日、コメントをいただきましたが、 「一人になりたいから」と昼食や弁当を食べるという学生・会社員は意外に少なくないようです。「え~、マジで?」と思いましたが、気持ちはわかります。「トイレの個室が一番落ち着く」という人も多いことですし、私・管理人もトイレを使…
>>続きを読む

昼寝のしすぎは、夜眠れなくなるばかりか、早死にのリスクが高い(寿命が短くなる)などと言われています。昼寝の時間は30分以内が理想的だとされています。30分以上の昼寝は、ノンレム睡眠(脳が休息している状態)になってしまうので、疲れが取れるどころか、逆に疲れがた…
>>続きを読む

ヒノキ花粉がようやく収束しつつあると言いますが、花粉症はまだ残っています。今日も、例によって時々くしゃみ・鼻水に悩まされています。今年の花粉症は実にしぶとい・・・。近畿 ヒノキ花粉ようやく収束へhttps://tenki.jp/forecaster/y_kohara/2019/04/24/4403.htmlさて…
>>続きを読む

今年の花粉症はとにかくしつこいです。去年は4月初旬までに症状が和らいだように記憶しているが、今シーズンは4月後半に入っても、まだ時々苦しくなります。花粉のピークは越えたものの、ヒノキを中心に花粉が大量飛散しているようです。例年の傾向だと、4月後半になって…
>>続きを読む

昨年秋、市の特定健診を受け、特定保健指導対象者に選定されたことについて、正直不快な思いをしています。保健指導の対象になった理由は、腹囲またはBMIで「肥満」(メタボ)と判定されたこと。BMIは正常値の範囲だったものの、腹回りのサイズと最高血圧値が基準値を…
>>続きを読む

「メタボ健診」(特定健診)を受け、半ば強制的な「保健指導」「受診勧告」で不快な思いをしている人も多いかもしれません。「メタボ健診」は「政府が国民の健康を心配して作られたもの」と思えるが、その裏にあるのは・・・。メタボの暴走―「強制」健診の、あとに地獄のク…
>>続きを読む

実は今年の検診で、特定健康指導の対象に引っかかりました。ここのところ、少し太り気味だったもので、BMIは正常範囲だったが、腹囲が基準値をギリギリ超えていたため、「肥満」との診断結果でした。かなりヤバいメタボ状態だった4年前から、1年前後でダイエットに成功し落…
>>続きを読む

もはや「昔の病気」と思われていた梅毒が、近年大都市を中心に急増しているとのこと。大阪では今年に入り1,000人を超えたようです。梅毒は1494年、スペインのバロセロナで突如流行したのが始まりだとされています。このとき、瞬く間にヨーロッパ全体、さらにアジアへと世界規…
>>続きを読む

いつの間にか事実上の「妊娠税」があるとネット上で話題になっているようで、一つ驚きました。今年から始まった「妊娠加算」という新制度であり、妊婦の支払いは自己負担3割の場合、初診で約230円アップ、再診だと約110円加算、深夜や診療時間外はさらに増額されるというもの…
>>続きを読む