いい旅チャレンジ50000km

関西を中心とする風景・鉄道写真がメインですが、健康・地域活性化・人生論・節約術・ファッションその他社会問題なども適宜エントリーしています。

カテゴリ: 健康法・医学

2020年東京五輪の水泳会場となる、お台場海浜公園で水泳競技のテスト大会が開催されました。参加選手からは、高水温や異臭に対する不満の声が相次いだといいます。それも「水温も気温も高く、日差しも強く、熱中症の不安が拭えない」、「トイレの臭いがする」と報告されるほ…
>>続きを読む

少しお恥ずかしい話ですが、健康関係の著書を1冊紹介したいと思います。それは、『本当はこわい排尿障害』(高橋 知宏著)。中高年の約半数(青年も)は何らかの排尿障害を抱えている、と著者・高橋知宏先生は指摘。その症状は、尿漏れや頻尿、慢性膀胱炎や慢性前立腺炎、…
>>続きを読む

子どもの「口腔崩壊」が問題になっています。「口腔崩壊」とは「未処置の虫歯が10本以上ある、もしくは10本には満たないが虫歯が原因で上下左右でかめない状態にある」状態のこと。このまま放置すると、将来の健康に重大な影響が出てくることが心配されます。石川県内の約4割…
>>続きを読む

「皆勤賞」は自慢すべきことなのか、意味があるのか、ということで意見が分かれると思います。小中高の12年間通して完全無欠席・早退遅刻無しの皆勤賞は、さすがに難易度が高くてなかなか取れるものではないでしょう。私・管理人ももちろん12年間通しの皆勤賞は果たせません…
>>続きを読む

毎日丁寧に歯を磨いているつもりなのに、歯垢が残っている・落ちにくい、歯石が付く、虫歯になりやすい・・・。このような悩みを持っている人は多いと思います。 私・管理人も、歯がざらついてどうも落ち着かない、歯を磨いた後にフロス(糸ようじ)をかけると歯垢が残ってい…
>>続きを読む

先日、コメントをいただきましたが、 「一人になりたいから」と昼食や弁当を食べるという学生・会社員は意外に少なくないようです。「え~、マジで?」と思いましたが、気持ちはわかります。「トイレの個室が一番落ち着く」という人も多いことですし、私・管理人もトイレを使…
>>続きを読む

昼寝のしすぎは、夜眠れなくなるばかりか、早死にのリスクが高い(寿命が短くなる)などと言われています。昼寝の時間は30分以内が理想的だとされています。30分以上の昼寝は、ノンレム睡眠(脳が休息している状態)になってしまうので、疲れが取れるどころか、逆に疲れがた…
>>続きを読む

ヒノキ花粉がようやく収束しつつあると言いますが、花粉症はまだ残っています。今日も、例によって時々くしゃみ・鼻水に悩まされています。今年の花粉症は実にしぶとい・・・。近畿 ヒノキ花粉ようやく収束へhttps://tenki.jp/forecaster/y_kohara/2019/04/24/4403.htmlさて…
>>続きを読む

今年の花粉症はとにかくしつこいです。去年は4月初旬までに症状が和らいだように記憶しているが、今シーズンは4月後半に入っても、まだ時々苦しくなります。花粉のピークは越えたものの、ヒノキを中心に花粉が大量飛散しているようです。例年の傾向だと、4月後半になって…
>>続きを読む

昨年秋、市の特定健診を受け、特定保健指導対象者に選定されたことについて、正直不快な思いをしています。保健指導の対象になった理由は、腹囲またはBMIで「肥満」(メタボ)と判定されたこと。BMIは正常値の範囲だったものの、腹回りのサイズと最高血圧値が基準値を…
>>続きを読む

「メタボ健診」(特定健診)を受け、半ば強制的な「保健指導」「受診勧告」で不快な思いをしている人も多いかもしれません。「メタボ健診」は「政府が国民の健康を心配して作られたもの」と思えるが、その裏にあるのは・・・。メタボの暴走―「強制」健診の、あとに地獄のク…
>>続きを読む

実は今年の検診で、特定健康指導の対象に引っかかりました。ここのところ、少し太り気味だったもので、BMIは正常範囲だったが、腹囲が基準値をギリギリ超えていたため、「肥満」との診断結果でした。かなりヤバいメタボ状態だった4年前から、1年前後でダイエットに成功し落…
>>続きを読む

もはや「昔の病気」と思われていた梅毒が、近年大都市を中心に急増しているとのこと。大阪では今年に入り1,000人を超えたようです。梅毒は1494年、スペインのバロセロナで突如流行したのが始まりだとされています。このとき、瞬く間にヨーロッパ全体、さらにアジアへと世界規…
>>続きを読む

いつの間にか事実上の「妊娠税」があるとネット上で話題になっているようで、一つ驚きました。今年から始まった「妊娠加算」という新制度であり、妊婦の支払いは自己負担3割の場合、初診で約230円アップ、再診だと約110円加算、深夜や診療時間外はさらに増額されるというもの…
>>続きを読む

歯は治る「抜くな、削るな、冠せるな」 [単行本]谷口 清ルネッサンスアイ2015-10-01歯医者にどうしてこんなに長く通院させられるのやら、歯を抜くしかないと言われた、せっかく治療してもらったはずなのに、また虫歯ができた、・・・残念ながら、これらは日本の歯医者(保険…
>>続きを読む

久しぶりに内海聡先生の著書を紹介させていただきます。『大笑い!精神医学』(2012)です。「心の病気」で悩む日本人が多いと言われて久しく、精神科や心療内科などが繁盛していますが、果たして本当に「病気」なのでしょうか?内海聡先生は、これもいわば一つの「詐欺」と…
>>続きを読む

今週半ばごろ、夏風邪にやられました。朝起きると喉のイガイガ・痛みが現われ、これはもしやと思っていたら、やはり風邪のようでした。晩になって倦怠感・熱っぽさも加わり、翌日は思い切り寝まくりました。倦怠感はその次の日になって和らぐが、再び喉が痛み出し、痰が詰ま…
>>続きを読む

もっと知りたい 医者だけが知っている本当の話 [単行本(ソフトカバー)]内海聡(Tokyo DD Clinic院長)ヒカルランド2016-08-22本書で語られる大きな疑問◎アメリカでは母子手帳はないんですか?◎健康とか元気とかって何ですか?◎反抗期の子どもはどう扱えばいいのですか?◎…
>>続きを読む

実は昨年秋から春ウコンを毎日服用しています。ウコンはインドの遊牧民族によって発見されたもので、熱帯アジア産とされるショウガ科クルクマ族植物の多年草で、紀元前から栽培されていたと言われる歴史のある植物です。ウコンは食品のスパイスや調味料のほか、染料、生薬な…
>>続きを読む

どうも夜なかなか寝付けなくて困っています。その原因の一つはスマホではないか・・・。そうと自覚しながらも、寝床についた途端、ついスマホでニュースやTW・ブログを見てしまう悪い癖がついてしまっています。スマホは快眠を妨げるものと言われており、その原因の一つは「…
>>続きを読む

名医は虫歯を削らない 虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法 [単行本]小峰 一雄竹書房2016-11-08虫歯になればどんな治療を受けるでしょうか?歯を削る、抜く、・・・しかし、歯を削れば削るほどもろくなり、虫歯の再発や新たな虫歯を誘発するばかりか、心筋梗塞・脳梗塞・…
>>続きを読む

例年以上に花粉症で苦しまれる中、「春バテ」にも注意です。「春バテ」とは新生活のストレスや大きな寒暖の差による、この時期特有の心身の不調のこと。今年は特に寒暖の差が激しいので注意が必要とのことです。これと似たような心身症状としていわゆる「五月病」もあります…
>>続きを読む

今年の花粉症がなんかやたらきつい、と思っていたら、ヒノキの花粉が去年の400倍も飛んでいるのだとか・・・。先月下旬はじめごろの雪の降る寒さから一転、5~6月ごろ初夏の暑さになったり、気温の変動も大きく、やはり今年も異常気象が多そうな予感がしています。花粉症も…
>>続きを読む