いい旅チャレンジ50000km

関西を中心とする風景・鉄道写真がメインですが、健康・地域活性化・人生論・節約術・ファッションその他社会問題なども適宜エントリーしています。

カテゴリ:写真【風景・動植物・物体ほか】 > 団地・ビル・工場・都市風景

交野市の府営藤が尾住宅です。「とっくり型」の給水塔の優美なシルエットが印象的ですね。このスタイルの給水塔は大阪(特に府営住宅)でよく見られるそうです。藤が尾団地近辺には、星田妙見宮や私市の植物園、府民の森などがあり、散歩コースに持って来いですね。…
>>続きを読む

天神橋筋六丁目に存在した天六阪急ビル。もとは新京阪天神橋駅の駅ビルでした。新京阪は現在の阪急京都線グループの前身。もともと、この天神橋駅が新京阪の大阪側のターミナルであり、千里山・京都(大宮)・嵐山方面への玄関であり、ランドマークとしての存在感を発揮して…
>>続きを読む

阪神・阪急連絡歩道デッキの上から、さまざまなアングルで撮影にトライ。曇り空なのは残念ですが・・・。どうも、私には曇り空で撮り歩く癖があるようですな(笑)JRの線路向こうのヨドバシ梅田が圧巻ですね!ビルの谷間に見えるHEP FIVEの観覧車も、梅田のランドマークと…
>>続きを読む

中之島・堂島川(大江橋)にて。川岸の上を阪神高速1号線(環状線)が通っています。右側の建物は大阪市役所。「水の都」だけあって、何気に大阪らしい景色と言えます。 町名としての「堂島」は、大江橋(御堂筋)よりも少し下流側(西側)のところになるが・・・。堂島とい…
>>続きを読む

高層ビル街の谷間を流れる土佐堀川。京阪淀屋橋駅を下車して梅田まで歩くとき、まず何気にこのアングルで撮るのが私の習慣です。川辺の紅葉が綺麗に映えていますね。大阪といえば「水の都」。大阪観光には、水上バス(アクアライナー)で川の旅を味わうのも良いでしょう。淀…
>>続きを読む

大津市南東部の青山地区。名神・新名神の草津JCT(草津田上IC)付近にあたり、松が丘地区および草津市若草地区と一体で、「グリーンヒル」と呼ばれる分譲住宅地が広がります。グリーンヒルのメインストリートはJR南草津駅に直結、バスが運行されています。当エリアの…
>>続きを読む

JR大阪駅前南口(西梅田)の高層ビル群。何となくヒルトンの建物に目が行きました(^-^)以前、あるパーティーでヒルトンに入ったような記憶があるので・・・。一般に、「梅田」エリアといえば、JR大阪駅前周辺のことと考えて差し支えないでしょう。ただ、どちらかといえ…
>>続きを読む

大阪府富田林市のランドマークといえば、あの白い巨大塔でしょう。粘土細工のような不思議な造形が特徴です。この塔は「PLタワー」などと呼ばれています。正式名称は、「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」です。パーフェクトリパティー教団(PL教団)が1970年8月1…
>>続きを読む

豊中市原田西町のクリーンランド前です。服部緑地・曽根地区と兵庫県伊丹市を結ぶ市道沿いにあり、ちょうど府県境のところです。道路の南側には猪名川が寄り付き、川の向こう側には園田競馬場(尼崎市)があります。北側には、大阪国際空港の滑走路が伸びています。この付近…
>>続きを読む

兵庫県三田市のニュータウンの一つ、ウッディタウン。ウッディタウンは1987年に街開き、三田市内のニュータウンでは最大面積を誇ります。三田市は1980年代半ばから90年代にかけて、ニュータウン開発が相次ぎ、関西有数の人口急増都市として脚光を浴びました。この事情なども…
>>続きを読む

千里ニュータウン・桃山台駅前周辺の景色です。吹田市・豊中市にまたがる千里ニュータウンの街開きは1960年代初頭。1970年千里丘陵で開催の万博を前に、鉄道・高速道路などの交通インフラの整備に伴って順次入居が進み、一つの大規模住宅都市として発展してきました。万博会…
>>続きを読む

京都市伏見区の京阪淀駅ホームより。淀界隈は桂川と宇治川に挟まれた中州のような地形です。淀といえば京都競馬場。淀は京都市というよりも、久御山町もしくは八幡市に近い雰囲気だが、「京都競馬場」の名前が京都市であることを訴えているように思います。淀駅の南東2km、宇…
>>続きを読む

香里団地D地区の近況です。D地区には中層4・5階建て住棟が今も残っているが、一部は閉鎖・取り壊しが進んでいます。その中にあって、新香里バス停西側のD51号棟は、現代風にリノベーションされています。SLのD51(デゴイチ)をイメージするデザインとなったのが面…
>>続きを読む

白鹿西宮工場です。2005年夏、西宮の海岸沿いをぶらり散策した時です。「スルッとKANSAI 3Dayチケット」を使って、阪神西宮駅から南へ徒歩だったと思います。 このあたりに酒ミュージアム(記念館、酒蔵館)などもあります。施設見学などはせず、ただ歩き回るだけ…
>>続きを読む

かつて、宇野・高松連絡船との乗り継ぎ駅だった高松駅。四国の玄関として賑わい、ここから四国各方面への列車が発着していました。四国の国鉄・JR線は長年全線非電化だったが、瀬戸大橋開業も控え、国鉄時代末期の高松近郊区間電化を皮切りに、瀬戸内海沿岸の予讃線松山ま…
>>続きを読む

大阪メトロ(地下鉄)では数少ない地上区間の一つ、中央線弁天町-大阪港間。ベイエリアにあたり、高速道(阪神高速)の下を通ったり、大阪港・天保山・海遊館などがあり、車窓から海が見え、賑やかな港町の風景を楽しめます。中央線の混雑率もなかなかのものです。中央線は…
>>続きを読む

2005年当時の香里団地・公孫樹通りです。黄色く染まったいちょうの木々とクラシックな団地の建物が見事に溶け込んで落ち着いた景観を織り成していますね。香里団地の建て替えプロジェクトが始まって20年ほど経過しましたが、公孫樹通のあるD地区は昔のままの建物が残ってい…
>>続きを読む

神戸市東部のJR住吉駅・阪神魚崎と六甲アイランドを結ぶ神戸新交通六甲アイランド線。「六甲ライナー」の愛称で親しまれています。昨年のGW、六甲ライナーに乗って神戸ファッション美術館を訪問。阪神魚崎で乗り換えましたが、特急停車駅にもかかわらず魚崎駅前はさほど…
>>続きを読む

新名神開通予定地で注目の枚方家具団地。既に立ち退き宣言の看板を出しているお店も見られます。枚方家具団地はかつて良質の家具を求めて関西各地から訪れる人も多かったようだが、ニトリなど大型量販店の全国台頭の影響で近年は寂れているように見えます。2年前、近隣地区…
>>続きを読む

シャープ本社のあった大阪市阿倍野区田辺。シャープは大正元年に東京・墨田区で早川徳次氏により創業、関東大震災により工場を消失し経営難に陥る中、大阪・阿倍野にて再起を果たします。シャープといえば液晶で有名、三重県亀山市に液晶工場を稼動させ「世界の亀山」とまで…
>>続きを読む