いい旅チャレンジ50000km

関西を中心とする風景・鉄道写真がメインですが、健康・地域活性化・人生論・節約術・ファッションその他社会問題なども適宜エントリーしています。

カテゴリ:写真【風景・動植物・物体ほか】 > 海岸・漁港・海辺の景色

南紀白浜海岸の景勝・三段壁です。柱状節理の大岩壁、断崖絶壁の幻想的な景観が形成されています。デートやウェディングのスポットにもなっています。「三段壁」の由来は、魚の群れ(鯨?)を見つけるための監視場(見段・みだん)があり、これが転じて三段壁と呼ばれるよう…
>>続きを読む

琵琶湖北端の海津大崎(高島市マキノ町~長浜市西浅井町)。先日、バイクで湖岸道路・滋賀r557・<西浅井マキノ線>を走行、海津大崎の景色を堪能しました。海津大崎は、琵琶湖八景「暁霧・海津大崎の岩礁」の一つに数えられる景勝地です。海津界隈はかつて、西近江路と湖上…
>>続きを読む

福井県南越前町河野。越前海岸の絶景が見どころです。河野は敦賀市から北へ20km、敦賀湾から日本海へ抜けたあたりです。原子力発電所の林立する敦賀湾とはまるで別世界ですね。敦賀市から南越前町・越前海岸へのドライブルートとして、R8~(大比田交差点)~r204・R305(し…
>>続きを読む

和歌山県の周参見湾に浮かぶ小さな無人島(周囲1kmほど)、稲積(いなづみ)島。古くから地元住民に神様の島として信仰の対象とされ、島の前に鳥居が立っています。稲積島という名称は、神武東征の折、稲の献上を命じられた住民が稲束をこの島に積んで献上したという伝説に由…
>>続きを読む

JR紀勢本線の大曽根浦駅(三重県尾鷲市)。海(尾鷲湾)の見える駅で、昔確か青春18きっぷのポスターに登場したこともあったと思います。駅の北西側には中部電力三田火力発電所の煙突も見えます。駅舎はなく(解体された)、ホームと小さな上屋のみのこじんまりとした駅と…
>>続きを読む

 志摩半島南側の南島町(南伊勢町)。地域の大半は台高山脈や紀伊山地に連なる山間部で、なおかつ熊野灘に面する断崖絶壁のリアス式海岸が続き、漁業・林業が主な産業です。志摩市と紀伊長島を結ぶR260が海岸線に沿っているが、険峻な地形ゆえ海岸から離れたり、また峠越え…
>>続きを読む

2002年8月下旬、宮津市・若狭湾沿岸にて。今から16年前のことですが、この年の夏は猛暑でした。日本の猛暑とは対照的に、欧州では記録的豪雨だったようです。しかし、お盆明けごろに台風が日本列島を通り過ぎた後、一時的に急に涼しくなりました。実はこのときにバイクで丹後…
>>続きを読む

 敦賀市・気比(けひ)の松原。虹の松原・三保の松原に並んで日本三大松原の一つとされています。「万葉集」や「日本書紀」にも詠まれるなど、古くから知られる敦賀の景勝地です。この夏、気比の松原を訪れてみましたが、厳しい暑さにもかかわらず海水浴客はまばら、閑古鳥…
>>続きを読む

2004年夏、100ccのスクーターで山陰海岸まで往復したときのものです。少しだけ鳥取県へ越境、東浜海岸まで何とか到達しました。とにかく炎天下での長時間はきつかったです。PCで夏の海の画像を探すや意外に少なく、ここ10年ほど、夏にはあまり海へ行ってないですね。今年…
>>続きを読む

那智勝浦といえば生マグロ。和歌山・勝浦漁港は日本有数のマグロ水揚げ基地で有名です。町にはマグロ料理の店が並んでおり、美味しそうでした。ただ、マグロ丼も含め、ランチで1,000円を超える店が多く、いささか敷居が高いような感じも。JR紀勢本線の紀伊勝浦駅前は最近どう…
>>続きを読む

三重県熊野市新鹿(あたしか)海岸。険しいリアス式海岸の熊野灘にあって、新鹿は穏やかな入り江の砂浜海岸で、夏は海水浴で賑わいます。水質は三重県の海水浴場の中でも最高品質AAにランク、「日本の水泳場88選」や「快水浴場百選」にも選ばれています。京阪神からだと交…
>>続きを読む

山陽本線の車窓からです。尾道-糸崎間あたりなので、海の向こうに見える手前の小さな島は細島、その後ろは因島だと思います。山陽本線で海の景色を楽しめる数少ない区間です。 海面にきらり輝く明るくて穏やかな日差しが、春の瀬戸内海を感じさせてくれます。…
>>続きを読む

2015年8月、小浜市田鳥にて。ラムサール条約に登録された景勝・「三方五湖」の近くであり、小浜市~三方五湖の海岸に沿って国道162号線が通じています。海を見ると、遠くまで旅に出た気分になれますね。炎天下を長時間バイクに乗ってきた矢先、海水浴場の賑わいに誘惑されて…
>>続きを読む

2003年3月、「青春18きっぷ」で福山日帰り旅行に出かけました。福山駅からトモテツバスに30分ほど揺られて瀬戸内海の鞆の浦へ。福山駅前は海からかなり離れたところにありますね。山陽本線・新幹線から海の見える区間が意外に少ないわけです。特に新幹線はトンネルが連続す…
>>続きを読む