いい旅チャレンジ50000km

関西を中心とする風景・鉄道写真がメインですが、健康・地域活性化・人生論・節約術・ファッションその他社会問題なども適宜エントリーしています。

カテゴリ:風景写真・地域別【南大阪・奈良・紀伊半島・伊勢志摩ほか】 > 奈良・大和路B(生駒・大和郡山・斑鳩・天理・山の辺)

奈良県生駒郡三郷(さんごう)町の大和川河川敷にて、面白い撮り鉄スポットを見つけました。JR関西本線(大和路線)と近鉄生駒線のどちらも、大和川を渡り、王寺駅で合流します。三郷町といえば山麓の斜面に広がる住宅街という印象の強い町ですが、信貴山および竜田大社な…
>>続きを読む

去年夏のJR王寺駅構内の写真です。貴重となりつつある国鉄型車両(105・117・201系)のたまり場でした。本年春より和歌山・桜井線に227系1000番台が投入されたため、もう117系を拝むことはできません。105系も今年秋までに置き換えられる予定です。まだ実際に227系に乗った…
>>続きを読む

阪奈国境・暗峠の石畳で知られる国道308号。一つの「酷道」として有名です。先日、バイクで暗峠を走行してみました。暗峠区間はサイクリングや登山に人気があります。奈良県(生駒市)側には美しい棚田の風景が広がり感激でした(^-^) …
>>続きを読む

JR桜井線の天理駅ホーム。ローカル線にしては随分長いホームだが、これは天理教輸送関連に対応したもの。天理教の特別行事があるときには、全国各地から長編成の団体列車が天理まで乗り入れ、普段は主に105系2両の普通電車が行き来するのみの桜井線も、この日ばかりは賑わい…
>>続きを読む

近鉄田原本線(西田原本-新王寺)に初めて乗ったときです。西田原本駅から田原本駅へ徒歩、橿原線に乗り換えました。田原本の町並みはかなり寂れてはいるものの昭和の商店街が残っていて、なかなか乙だと感じました。田原本線は近鉄の営業路線図上では孤立路線となっている…
>>続きを読む

世界最古の木造建築で知られる法隆寺を始め、中宮寺・法起寺・法輪寺など聖徳太子ゆかりの古寺が点在する斑鳩の里。のどかな里に点在する美しい塔たちの姿は、斑鳩らしい景観を織り成しています。遠方に聳える二上山や金剛山の稜線もまた印象的です。…
>>続きを読む

近鉄生駒駅立体橋より生駒山上方向の眺望を適当に撮ってみました。当日は大雨で生駒山頂には雲がかかってて見通しは悪かったが・・・。山の斜面に邸宅が建ち並んでいる光景は六甲山系に似ていますね。生駒山頂へはこの駅でケーブルに乗り換えです。生駒駅南側には「ぴっくり…
>>続きを読む

天理市内の国道169号線(山の辺の道)の小高いところから眺めた二上山や葛城の山並みの遠景です。左側の小さな山は畝傍山でしょうか・・・。奈良盆地の主要国道や幹線道路はとかく渋滞しやすいイメージが強いが、天理~桜井市間の国道169号線は交通の流れが良く、景色ものど…
>>続きを読む

2016年10月初旬、バイクで訪問。10月だというのに残暑が続いて雨も多く、爽やかな秋晴れにはあまり恵まれませんでした。黄金色に色づいた田んぼや土手の赤い彼岸花は秋らしい風景だけど、空模様はまるで夏のようですね。JR桜井線の撮り鉄にも挑戦してみたかったが、列車本…
>>続きを読む

2005年7月初めごろ、近郊区間大回りで桜井線を回ったときのものです。ロングシートの105系電車ばかりで面白くないと言われるかもしれませんが、車窓から大和三山や山の辺あたりの梅雨空を十分楽しめました。また、桜井線の小さな駅は昔と変わらぬ野暮ったい雰囲気でなかなか…
>>続きを読む

金魚の町で知られる大和郡山市。一面に広がる金魚養殖池の中を近鉄電車が走り行く姿は、大和郡山らしい風景だ。金魚はもともと貴族たちの鑑賞趣味のためのもので、庶民の間で流行したのは明治時代と言われている。大和郡山の金魚の養殖は、享保9年(1724年)に柳澤吉里が甲斐…
>>続きを読む

2004年のある日、近鉄田原本駅で途中下車してみた。田原本駅前を少し歩いてみると、昭和の商店街の雰囲気がなかなか良かった。商店街の前の踏切がいかにも昭和の町という感じだ。さほど賑わってはいないが、シャッター店舗はあまり多くなかったと記憶している。確か、小腹が…
>>続きを読む

近鉄生駒駅南口より撮影。生駒駅は奈良線・生駒線・けいはんな線が接続する一つのターミナルとなっている。奈良線には阪神電車と相互乗り入れしているため、生駒から尼崎・甲子園・神戸三宮まで1本の電車で行ける。また、けいはんな線には大阪市営地下鉄中央線と直通運転を…
>>続きを読む